Return to site

「青の記憶」

小島ゆうすけ

「青の記憶」 詞・曲 小島佑允
僕ら 気の済むまで 心を鳴らす 夏の日
太陽が眩しすぎて きっと何も見えてない
昼と夜の狭間で 青い光に包まれた
それを横目に見た季節は 儚くも空に滲む
花火が終わる前に 街は記憶を取り戻した
叫べ、空へ 今だけを刻んで
君の声が かすれてゆく
二人乗りの自転車は
淡い思い出の中に溶ける
君は、笑うよ
ひとり 電車を待つ 行き先は わからないけど
暦の上 進む僕ら 迷うことは 無いだろう
花火が終わる前に 気持ちは全てからっぽにして
叫べ、空へ 僕はここにいる
存在証明なんて 要らないから
目の前には 青の記憶たちが 溢れている
その中に 君はいないよ
心、澄まして 夏は終わって
切ない声で 名前を呼んで
花火が終わる前に 僕ら 記憶を取り戻した
叫べ、空へ 今だけを刻んで
僕の声が かすれてゆく
二人乗りの自転車は
淡い思い出の中に溶ける
君は、笑うよ 僕も、笑うよ
心、澄まして 夏は終わって
切ない声で 名前を呼んで
All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly