Return to site

「さよならフィアンセ」

小島ゆうすけ

「さよならフィアンセ」 詞・曲 小島佑允
 
 
オープンカーに乗って どこまでも行ける気がしてた
ガラスの靴を履いた君は もう僕の横にはいない

繋いだもの 順番に外して 
それに慣れようとしたって たかが5分の夢物語

同じ範囲で過ごした日々に 同じ感情は無いさ
わかってたつもり でも忘れられないよ

さよならフィアンセ

思い出 全部無くしたら この痛みも忘れるのかな
君の言葉、仕草、笑顔までも 頭の中 白くなっていく

嗚呼

忘れたくないよ

オープンカーはガソリン切れで ガラスの靴も見えないよ
でも僕はこんなに笑えるんだ 思い出が側にあるからさ

ここに僕の声を置いていくから 気が向いたら 聴いておくれよ

ありがとう

さよならフィアンセ

 
All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly