Return to site

「逗子海岸より、愛を込めて」

小島ゆうすけ

「逗子海岸より、愛をこめて」 詞・曲 小島佑允

幸せそうに笑う横顔が 月明かりに照らされている
10年、20年先も この夜を 君は覚えていてくれるだろうか

僕は2年後の今を生きている 恋の結末も知っている
セピア色の僕ら、何も知らず ぎゅっと手を握って 愛を語り合っている

ひとつ 増えて またひとつ またひとつ
砂浜に描いた未来は あの日の星空のように

どうしようもなく 君を愛していた

君は僕のぜんぶ ぜんぶだった

せめて 写真のなかの僕たちは
ずっと、ずっと、ずっと、ずっと 笑っていて

今頃 君は僕の知らない人と暮らしているだろう
幸せならさ、それでいいんだけど

たまに思い出してね、あの日の星空を

どうしようもなく 君を愛していた

君は僕のぜんぶ ぜんぶだった

せめて 写真のなかの僕たちは
ずっと、ずっと、ずっと、ずっと 笑っていて

僕は相変わらず 唄っている
うたのなかで 君を探している

少し痩せてしまったけど 元気だよ
久しぶりにあの場所で この曲を書いている

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly